HOME > 2015年07月

2015年07月

よねづ税理士事務所ブログを引っ越しました

2015年07月06日




名古屋市緑区の税理士 米津晋次です。


独立開業以来、seesaaブログ、そしてamebloを開設していましたが、


このたび、よねづ税理士事務所ブログをこちらへ引っ越しいたしました。






税金関連の話題を中心に、

税金以外のことも書いていこうと思います。




ところで、引っ越した理由ですか?


まず、このところ、2つのブログの更新が1ヶ月に1回ほどしかできていないことがひとつ。


もうひとつは、サイトコンテンツの充実を図ることにあります。


以前は、外部の人気の無料ブログを利用すると、一定のアクセスがありました。

そして、そのブログから公式サイトへリンクを貼ると、
検索結果上位表示に効果がありました。



今でも人気無料ブログでは、一定のアクセスが得られます。

しかし、最近はその無料ブログからのリンクの効果が薄れてきたのです。


ブログを公式サイト内に設置すれば、そのブログに記事を書けば書くほど、
サイトのコンテンツが充実することになります。

リンクの効果とサイトの充実、どちらを図るべきかといえば、

今は、サイトの充実を図るべきだと判断したわけです。


サイトを公式サイト内に移転しても、
今までのように1ヶ月に1度ぐらいしか更新しなくては意味がありませんね。


まずは1週間に1度のペースで更新をすることをノルマとします。


よろしくお願いいたします。

※当ブログの記事は、投稿日現在の税制などに基づいております。
その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。
ご了承ください。(税理士 米津晋次)

人気ブログランキングへ

| その他 |

騒音で相続税評価減になるかも?

2015年07月08日


こんにちは。税理士の米津です。



今日は、相続税申告のご依頼を受けたお客様の相続財産の現地調査に行ってきました。






不動産については、現地を自分の目で見ることが大切です。

評価額が大きいだけに、評価減要因の適用忘れはやってはいけません。


グーグルアースやストリートビューで、

現地に行かなくても実際の様子がかなりわかる便利な時代になりました。

でも、限界がありますね。


自分の目や耳、鼻などの五感を使って感じることが必要です。




今日の訪問前の準備でも、グーグルアースで不動産の場所を事前に見てみました。



すると、かなり大きな道路に隣接しています。


評価を下げる要因としては、騒音の可能性が考えられました。



税法用語でいうと

「利用価値の著しく低下している宅地」

に該当すれば、10%評価を下げることができます。


路線価が騒音を反映していれば評価減ができないことに注意する必要はありますが。


今回の不動産の路線価は、騒音を反映しているようには見えませんので、これはOK。




では、どれくらいの騒音なら評価を下げることができるのか。

税法では明確な基準が示されていません。

いつものことです。




環境省の環境基準によると、

住居地域で2車線以上の車線を有する道路に面する地域の昼間で
60デシベル以下となっています。

60デシベルを超えれば、騒音による評価減の可能性が出てきます。




でも、「60デシベル」ってどれくらいの音の大きさなんでしょうか。

・60デシベル:静かな乗用車・普通の会話

程度だそうです。

それぐらいなら・・・




現地へ到着しました。確かに大きな道路に面しています。

交通量も多いです。


ところが・・・・静かなのです。とても大きな道路に面しているとは思えない静かさです。

車の騒音なんて全く気にならない感じで子供が元気に遊んでいます。



どうしてか・・・


犯人は、これです。




道路との間に「防音壁」が設置されていました。


この「防音壁」はよく見ますよね。

車を運転しながら、防音効果はたいしてないだろうなんて思ってました。



でも、現場で防音壁の効果を実感して、技術の高さに驚きました。


騒音測定器で測ったわけではありませんが、


とても「騒音による評価減」は適用できそうにありません。





※当ブログの記事は、投稿日現在の税制などに基づいております。
その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。
ご了承ください。(税理士 米津晋次)

人気ブログランキングへ

ふるさと納税を一緒にやってみよう(準備編)

2015年07月15日
こんにちは。名古屋市緑区の税理士 米津晋次です。

よねづ税理士事務所公式サイトのミニコラムに、2回にわたって「ふるさと納税の落とし穴」について説明してきました。

 →「<<コラム>>ふるさと納税の落とし穴に注意を(その1)」

 →「<<コラム>>ふるさと納税の落とし穴に注意を(その2)」

とはいうものの、じつは私自身がまだふるさと納税をやっておりませんでした。(汗)

そこで今回、自分でふるさと納税をやってみました。
まだやっていない方もできるような形で一緒に進めていきたいと思います。



■一番お得となる寄付金額とは

最初にやるべきことは、自分にとって、自己負担額が2000円で済む寄付金の限度額を知ることです。
この限度額ぎりぎりまでの寄付をして返礼品を受け取ることが、一番お得になるからです。(あくまで金額換算ですが・・・)
限度額を大幅に下回れば、お得度が不充分になりますし、欲張って寄付をして、限度額を超えてしまった場合は、自己負担額が2000円を超えてしまいます。

具体的に比較してみましょう。
限度額が10万円で、すべて返戻率50%の品物を受け取ったとします。
ちょうど10万円の寄付をした場合、10万円×50%−2,000円=48,000円のお得ということになり、これが一番お得なことになります。
5万円しか寄付しなければ、5万円×50%−2,000円=23,000円のお得となって、先ほどの48,000円を大きく下回ります。
限度額を超えた12万円を寄付すると、12万円×50%−(2000円+限度オーバー額2万円)=38,000円となって、これも10万円の寄付と比較してお得度が下がってしまうのです。



■寄付金限度額を知る方法(1)

でも、この寄付金の限度額を計算するのは大変です。税理士の私でも計算したくはありません。
そこである程度簡単に寄付金の限度額を知る方法を2つご紹介しましょう。

一番簡単なのは、インターネットの検索エンジンで、「ふるさと納税 目安」のキーワードで表示されるサイトを見る方法です。



家族の状況と給与収入によって寄付金限度額の目安が表になっていると思います。
たとえば、独身者で給与収入300万円ですと、目安は27,000円前後、夫婦と子供2人で給与収入500万円だと30,000円前後になるかと思います。
数値はサイトによって多少異なりますので、念のため複数のサイトで確認してください。近い金額ならOKです。
注意したいのは、古いサイトです。改正前の限度額で計算され、目安がほかのサイトの半額程度になっていることがあります。

いかがでしょうか。この方法は簡単ですよね。ただし、あくまで目安です。単身者でも、払っている社会保険料や生命保険料、住宅ローン控除を受けているかどうかなどによって、限度額は変わってしまいます。子供2人といっても、高校生以上が2人の場合と小学生2人の場合で限度額は変わるからです。



■寄付金限度額を知る方法(2)

もうひとつは、もう少し手間をかけてより正確な目安を計算しようとするものです。お手元に、6月給与で勤務先から渡された住民税通知用紙か昨年の源泉徴収票を用意してください。個人事業主や副業のある方のように所得税の確定申告をした方は、昨年分の確定申告書を用意してください。
インターネットで「ふるさと納税 試算」のキーワードで検索をしてください。より細かな計算をするサイトになっていると思います。



「給与収入」(または「給与所得控除後の金額」)、「所得控除額の合計額」程度を入力するものが多いようです。
住民税の通知や確定申告書を参考に、今年の収入や所得控除額を予想して入力します。確定申告をした方は、「合計所得金額」の予想を「給与所得控除後の金額」に入力します。

先ほどの目安よりも手間はかかりますが、より正確な限度額を知ることができます。

計算してみると実感しますが、「ふるさと納税」ってじつは高所得者優遇制度なんですよね。所得が多いほど自己負担2000円で済む寄付金の限度額は高くなりますから。



■返礼品の方針・配分を決める

寄付金の限度額の目安がわかりましたので、早く手続きをしたいところですが、よりお得度を増すためには、どんな返礼品をもらっていくのかを考えることが大切です。

大きく2通りの考えかたがあると思います。
ひとつは、ふるさと納税によって家計をの支出をできるだけ抑えようという方針です。節約型ですね。この場合は、お米や野菜など、日常の買い物の代わりになるものが中心になります。



もうひとつは、普段なかなか購入できない贅沢品を中心に受け取ろうという方針です。牛肉や蟹、あわび、メロンといったものになります。食べ物以外の高級品も見つかることがあります。



どちらかに決める必要はありませんが、限度額までの寄付金を概ねどのような物にどれくらい配分するかの方針は必要でしょう。



■お好きな品物をお礼で提供している自治体を探す

返礼品の候補が決まったら、それをお礼として提供している自治体を探します。
最近は、ムック本で「ふるさと納税」だけについてまとめられている書籍も多く発行されていますし、週刊誌でも特集が組まれていることがあります。
インターネットで「ふるさと納税 (欲しいもの) ランキング」とか「ふるさと納税 (ほしいもの)人気」といったキーワードで検索すれば、人気の返礼品・自治体を紹介しているサイトが多く見つかります。

これらから、目的の品物を提供している自治体の候補を選びましょう。



■寄付する時期の計画も大切

ここまで来るとテンションも上がって、すぐ申込みしたいところですが、その気持ちをぐっと抑えてもうひとつ準備をするといいでしょう。いつどこへ寄付するかの計画を立てることです。今から年末まで、何月にどこの自治体に寄付するのかということです。
どうしてこのような計画が必要かというと、申込みをして数週間から1ヶ月ほどで返礼品が届くことが多いからです。
同じ時期に多くの返礼品が届くと、ストックしておく場所に困りますよね。冷凍庫に入りきらなかったり、部屋が倉庫のようになって狭くなることもあるでしょう。生鮮品の場合は、食べきれなくて腐らせてしまうことになるかもしれません。こうなっては、せっかくの準備が水の泡です。
返礼品の到着予定日から逆算して寄付すれば、このようなことがなくなります。
ただし、人気の返礼品は早く申し込まないと受付終了となることがありますので、優先順位まで考えて申し込むとより満足する結果になると思います。





■とにかくやってみよう

いろいろとふるさと納税について理想の準備を書いてきましたが、最初の一つはあまり何も考えることなく、とにかく欲しいものでやってみる程度でいいでしょう。「ふるさと納税はお得だ」と知っていても、実際にやるひとはわずかなようですから。

長くなりましたので、とりあえず今回は「準備編」ということにします。次回は実際に私がやったふるさと納税の様子をご紹介します。







住民税のふるさと納税控除額を必ず確認すべし
12月までにチェック!ふるさと納税
ふるさと納税を一緒にやってみよう(実践編)
《コラム》ふるさと納税の落とし穴に注意を!(その1)
《コラム》ふるさと納税の落とし穴に注意を!(その2)

※当ブログの記事は、投稿日現在の税制などに基づいております。
その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。
ご了承ください。(税理士 米津晋次)

人気ブログランキングへ

最新記事
<< 2015年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール
税理士 米津晋次


税理士 米津晋次


毎月原則土曜日名古屋市内で開催中!