2015年07月

生産性向上設備投資促進税制の税理士事前確認書を提出

2015年07月29日
こんにちは。名古屋市緑区の税理士 米津晋次です。

平成26年税制改正で導入されたもののひとつに

「生産性向上設備投資促進税制」

というものがあります。

質の高い設備投資を促進させることを目的に、
税制優遇措置を受けられるというものです。



この税制でやっかいなのは、証明書・確認書の添付が必要なことです。


これには、A類型とB類型の2つの確認等の方法があります。



A類型は、最新モデルで、工業会などでその証明書を発行してもらうことが必要になります。

もうひとつのB類型では、導入より前に経済産業局に確認書を発行してもらうことになります。




A類型の証明書は、メーカーを通じて発行してもらえばいいのですが、

B類型の確認書を発行してもらうには、

投資計画などの書類の作成とともに

税理士または公認会計士の事前確認書の添付

が必要とされています。





今回、お客様が太陽光発電設備を導入されることになり、

この税制のB類型を適用し、

全額償却をする予定です。




グリーン投資減税は、今年の3月で廃止されましたが、

平成28年3月までに稼働すれば、

まだ太陽光発電設備の全額償却(即時償却)が可能なのです。




B類型では、税理士または公認会計士の事前確認書が必要とされていますから、

私が作成することになりました。



こういった書類でよくあるのが、形式はすべてできていて、
税理士の署名・押印だけでほとんど済むようなものです。



しかし、今回の書類は違います。

もちろん、ひな形は用意されているのですが、

記載内容が細かいのです。

どの書類でどの金額を確かめた、

とか

どの数字を基礎とする計算でどの数字を確かめた、

という感じで、細かい記述が必要でした。




何とか完成させ、先週末にお客様に手渡ししました。



お客様が今週窓口に行かれ、

チェックを受けて無事受付されたとのことです。

こういった形でお客様へ貢献できるのも

とてもうれしく思います。




※当ブログの記事は、投稿日現在の税制などに基づいております。
その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。
ご了承ください。(税理士 米津晋次)

人気ブログランキングへ

EXCEL2013のセル移動が遅いを解決

2015年07月26日

こんにちは。名古屋市緑区の税理士 米津晋次です。


皆さんには笑われるかもしれませんが、
やっとマイクロOfficeを2013へバージョンアップしました。


旧バージョンでも、EXCELの機能自体に不足を感じていませんでしたので、
ずっとそのまま使い続けてきました。


ところが、最近やはり2013にしないといけないな、と思うことが多くなりました。



ひとつは、お客様が送付されるEXCELのデータ形式が2013用(拡張子xlsx)が増えてきたことです。


今までは、マイクロソフトが提供している自動変換ソフトで開いていましたが、
やはり開くまでに時間がかかります。


もうひとつは、ほかのアプリケーションソフトでの制約が出てきたことです。


たとえば、弥生会計シリーズで「EXCELボタン」といって、
そのボタンを押せば、画面に表示されているデータが即時にEXCELデータになる機能があるのですが、
それが弥生14シリーズから2013形式しか対応しなくなっています。



Wiondows10になると、無料でOfficeが使えるという情報がありますので、
それまで待つのもひとつですが、

どうもその無料のOfficeは、機能が縮小されているもののようです。




そこで、本日私のPCのOfficeを2013へバージョンアップしました。




操作に慣れないのは仕方がないのですが、
EXCEL2013の動作が異常に遅いのです。本当に異常です。


セルに数字を入れて次のセルに数字を入力しようとしても、セルの動きがついてこないのです。

その遅さは、若干どころではなく、通常ならセル5つ分ぐらい進んでいる時間で
やっとセル一つ移動するという遅さなのです。



さすがにこれは我慢できません。


なんとかならないか、インターネットで調べてみました。




ありました。いくつも表示されます。

私と同じ経験をされているのですね。



表示されていたいくつかをやりましたが、効果がないものもありました。




セルの動作が遅いということに関して効果があったのは、次の設定変更でした。


私と同じ現象で不満をもっている方は、次のような設定変更をしてみてください。




・EXCEL2013で左上の「ファイル」をクリック




・「オプション」をクリック




・「詳細設定」をクリック




・表示された画面を下にスクロールして、
「ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする」を表示させます。




・その先頭の□にチェックを入れて、「OK」を押します。


・EXCEL2013一度終了して再起動します。



いかがでしょうか。

上記の設定変更で、私のPCでは旧バージョンと同じようなセル移動のスピードになりました。



でも、操作画面に慣れるのには、しばらくかかりそうです。




※当ブログの記事は、投稿日現在の税制などに基づいております。
その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。
ご了承ください。(税理士 米津晋次)

人気ブログランキングへ

出国税で課税逃れは許さない!

2015年07月23日
こんにちは。税理士の米津晋次です。(名古屋税理士会所属)

夜も暑くてなかなか眠れませんね。

エアコンはつけずにがんばっています!!
(でも、これは健康にはよくないそうです。)





さて、毎朝3分の知恵チャージ「JIJICO」に

先日、私が執筆した記事が掲載されました。

タイトルは、

「課税逃れは許さない!出国税はビジネスの海外進出を阻む障壁?」

です。



http://jijico.mbp-japan.com/2015/07/13/articles18099.html

株式等を売却して利益が出たときには、当然所得税・住民税が課税されます。

でも、6月までは合法的にその税金を逃れる方法があったのです。

その方法とは・・・




じつは、世界には株式等の売却益に税金がかからない国があるのです。

シンガポール、香港、スイス、ニュージーランドといった国です。

そうです。

所有する株式等をこれらの国へ持ち出し、その国で売却すれば税金がかからないわけです。

こういった税金逃れを防止するために2015年7月から導入されたのが
「出国税」なのです。


株式等を1億円以上もっている人が対象ですので、対象者はわずかですが、
金額は大きいですから。


この出国税の内容ですが、
海外へ株式等を持ち出したときに、
そのときの時価で売却したものとみなして税金を納めよ、

という厳しい内容になっています。


売却して利益を得たから、日本国内と同じ税金を払え、ならわかるのですが、

まだ売ってもいないのに、先に税金を支払えというのです。

税金には、担税力があることが重要ですから、なんともひどい仕組みです。


ただ、この出国税は富裕層が対象ですから、
それくらいの税金は大したことがないのかもしれませんね。

納税猶予制度も用意されていますし。



最近は、完全に富裕層をターゲットに税金を徴収しようとした動きになっています。

来年からはじまるマイナンバー制度も、

富裕層の財産を把握しようとすることも主な目的のひとつのようです。



この出国税の意図はわかるのですが、

これがかえってベンチャー企業などの海外ビジネス展開に
ブレーキをかけることにならないかが心配です。


※当ブログの記事は、投稿日現在の税制などに基づいております。
その後改正があった場合には、ブログの記事が最新の税制に適合していない場合もございます。
ご了承ください。(税理士 米津晋次)

人気ブログランキングへ