少し困る仕訳の解説(売掛金入金)

nayami会計記録をつけるには、さまざまな取引をすべて仕訳に表さなくてはなりません。どんな仕訳にすればいいのか、科目は何にすればいいのか、経理担当者はよく悩みます。どうやって仕訳をすればいいのでしょうか?

 

■売掛金を小切手で回収した

<現金 ×××円/ 売掛金 ×××円>

小切手は、原則「現金」で処理します。現金との区別が紛らわしいのであれば、現金の補助科目に「小切手」を設定してはどうでしょうか。預金口座へ入金になったときに、

<○○預金 ×××円/ 現金 ×××円>

となります。ただし、小切手を即日当座預金へ入金するのであれば、「現金」を通過させるのを省略して

<当座預金 ×××円/ 売掛金 ×××円>

としてもよいと思います。

 

■売掛金の回収(振込手数料が差し引いて振り込まれた場合)

売掛金を取引先が振り込む際に、振込手数料を引いて振り込んでくることがあります。その場合、控除された振込手数料についての仕訳が追加で必要になります。

<○○預金  ×××円 / 売掛金 ×××円>

<支払手数料 ×××円              >

控除された振込手数料は、「支払手数料」(又は「雑費」)で処理します。

 

■カード会社からの入金(手数料が差し引いて振り込まれた場合)

カードを扱っている場合、代金はお客様ではなくカード会社へ請求することになります。カード会社は締めごとに、カード会社の手数料を控除した金額を振り込んできます。その場合に仕訳です。

<○○預金  ×××円 / 売掛金 ×××円>

<支払手数料 ×××円              >

カード手数料は、消費税法上は債権譲渡費用となりますので、消費税は非課税です。通常の売掛金とカード会社分を分けるために、貸方科目は、「未収入金」を使用してもよいと思います。

otoiawaseform

→よねづ税理士事務所トップページへ戻る

このページの上へ
名古屋のよねづ税理士事務所ロゴ

よねづ税理士事務所(正式名:米津晋次税理士事務所)登録番号103724 名古屋税理士会熱田支部所属
〒458-0824 名古屋市緑区鳴海町字有松裏200ウィンハート有松3B TEL:052-621-6663