《コラム》会社名や屋号をどうするか(避けるべき会社名と望ましい会社名)

column

こんにちは。名古屋の税理士 米津晋次です。

会社を設立するときや、個人事業主が創業するときに頭を悩ますことのひとつに、
商号(会社名)や屋号があります。

これらは、一度決めたらそう頻繁に変更することはないため、結構悩む方が多いです。

omise_shop_tatemono




最近の新設法人の会社名に多く使われている単語

東京商工リサーチの調査によると、2015年に新たに設立された法人で、
最も多くの商号(会社名)に使われた単語は、「ライズ」だそうです。

「ライズ」の「上昇する」という意味が、新設法人の成長志向と活気を表しているものと考えられます。

ちなみに、同社の調査によると、2014年の新設法人の商号に最も多く使われた単語は「アシスト」でした。

「アシスト」は、英語で「力を貸す、手助けする、援助する」などを意味し、
社会に貢献するという企業理念を表していると思われます。

参考までに、2014年、2015年ともにベスト10に入っている単語には、

「アシスト」「ライズ」「ワイズ」「グローバー」「サンライズ」があります。

会社名にも人名と同様に流行というものがあるということですね。

お客様の会社名・屋号に多く使われている単語

新設法人ではありませんが、
よねづ税理士事務所と契約いただいているお客様の会社名・屋号でも簡単な統計をとってみました。

その結果は、次のとおりとなりました。

・1位「おひさま」:5
・2位「テック」 :4
・3位「工業」  :3
・4位「テクノ」「ライン」「サン」「ひかり」「商会」:2

1位の「おひさま」は太陽光発電関連の会社です。

「テック」「テクノ」といった単語は、想像どおり技術系の会社ですが、技術をカタカナで表しています。

「サン」「ひかり」はいずれも太陽をイメージする単語です。
太陽の雄大さ=会社が大きく成長する、という意味を込めているのでしょうか。

なお、これらには太陽光発電の会社は含まれていません。

2社ずつある「工業」「商会」は、最近設立された会社には見られなくなりました。

会社名・屋号で避けるべきこと

私は、100社以上の設立に関わってきましたが、次のような会社名・屋号は避けるべきだと考えています。

・長過ぎるもの(書類に記入する際に記入欄の文字数オーバーになってしまう。記憶できない)
・アルファベット(読んでほしい会社名でない発音で呼ばれることが多い)
・業種が連想できない(どのような仕事をしているかわからない)
・難しい漢字を使う(読めない。書けない。パソコンで変換で出てこない)
・通常とは別のよみをさせる漢字を使う(読めない)
・造語を使う(記憶できない)
・言いにくい(早口言葉のように口が回らない)
・イメージに合わない

「通常とは別のよみをさせる漢字を使う」の意味がわからないかもしれません。

最近の赤ちゃんの名付けの例でいえば

「大翔」と書いて
「ひろと」「やまと」「はると」「おうが」「だいと」「つばさ」
などと読ませているそうです。

全く読めません!!
そういう意味です。

baby_umaretate




望ましい会社名・屋号

望ましい会社名は、当然上記の逆ということで

・長すぎない
・アルファベットを使わない(誰でも知っている単語はOK)
・できるだけ業種を連想させる単語を含める
・優しい漢字を使う。よみが難しい場合は、ひらがなやカタカナにする。
・普通の読みの漢字を使う
・多くの人が知っている単語を使う(組み合わせもOK)
・言いやすい
・イメージに合っている

ということになります。

地域限定で商売をする場合には、会社名に地域名を入れるといいと思います。

「◯◯◯名古屋」といったように。

地域名を前につけるより後ろにつけた方が、カッコいい感じがします。

会社名等に地域名を入れるメリットとして、
たとえばインターネットにおいて、
特に上位表示対策することなく地域名の検索ワードで上位表示されるということがあります。

それなら、このような条件をすべて満たした会社名ならいいかというと、
そうではなく、
あまりにも特徴のない会社名だと、それはそれで記憶に残りませんね。

同名の会社も多くなりがちです。

(人名の例では「山田太郎」さん)

さらに、インターネットのドメイン(URL、ホームページアドレス)も、
会社名のものが取得しにくでしょう。

url




そのあたりが難しいところです。