《コラム》ふるさと納税の落とし穴に注意を!(その1)


column

こんにちは。名古屋市緑区の税理士 米津晋次です。

ふるさと納税って何がお得なの?

多くの方は「ふるさと納税」って聞いたことはありますよね。

制度の内容を簡単に説明すると、
一定の限度額以内の寄付であれば、2000円の負担で寄付をした自治体から
いろいろな返礼品を受け取ることができる、
というものです。

kaniwagyu





贈られてくる返礼品の価値が2000円を超えれば、お得ということですね。
負担額が2000円なのですから。

この返礼品目的の「ふるさと納税」の利用が、
本来の制度の趣旨と異なってきた面はあります。

参考:競争激化する「ふるさと納税」税収アップにつながる?
http://jijico.mbp-japan.com/2014/12/17/articles14111.html

でも、せっかくある制度ですので、有効に使いたいですね。

実際に「ふるさと納税」をやった人は、100人のうち数人だそうです。

実際にやってみようという方も、
次から掲載する落とし穴にはくれぐれも気をつけてください。

■■ 「ふるさと納税」の落とし穴 ■■

(1)確定申告がいらなくなったって聞いたのに・・・(その1)

平成26年までは、確定申告しなくては、
ふるさと納税の控除を受けることができませんでした。

返礼品は魅力だけと、半日以上つぶして確定申告するのは・・・

と「ふるさと納税」を断念した方も多かったようです。

chokin_kakeibo





しかし、2015年度の税制改正により、
サラリーマンについては、「ふるさと納税」のためだけに
所得税の確定申告をしなくても
控除を受けることができるようになりました。

ただ、それにはある条件を満たすことが必要なのです。

まず第1の条件は、
「今年のすべての寄付が平成27年4月1日以降であること」

すでに3月までに「ふるさと納税」をやってしまった、という方。
残念ながら、平成27年分については確定申告をしてください。

(2)確定申告がいらなくなったって聞いたのに・・・(その2)

確定申告を不要にするには、もうひとつ条件があります。

「寄付する自治体は5個所以内であること」

です。

市役所市役所市役所市役所市役所



「ふるさと納税」はお得とばかりに調子に乗って
気づいたら6個所以上の自治体に寄付してしまっていた、
ということがないようにしましょう。

(3)確定申告がいらなくなったって聞いたのに・・・(その3)

寄付する自治体を5個所以内に抑えても、まだそれだけでは
確定申告を不要にして、かつ、控除を受けるには不足です。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を使う旨の申請書を
寄付する自治体に提出することが必要なのです。

届出書の正式名は

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」

というそうです。

寄付する際には、忘れずにこの申請書を提出してください。




「ふるさと納税」には、まだまだ落とし穴があります。

続きは、次回のコラムに記載します。

《コラム》ふるさと納税の落とし穴に注意を!(その2)

【関連ブログ記事】
ふるさと納税を一緒にやってみよう(準備編)
ふるさと納税を一緒にやってみよう(実践編)

●トップページへ戻る
→よねづ税理士事務所トップページへ戻る