事業分量配当金(利用分量配当金)が○○預金に入金になった-名古屋 税理士/名古屋市のよねづ税理士事務所

名古屋の税理士 米津晋次が、難しい仕訳を解決しましょう!!
名古屋の税理士 米津晋次が、難しい仕訳を解決しましょう!!

【事業分量配当金(利用分量配当金)が入金になった】

<○○預金 ×××円 / 雑収入 ×××円>

事業分量配当金(利用分量配当金)は「配当金」とはありますが、税金上はその計算の基礎となった取引の「戻し」として処理をします。消費税の区分も同様です。

したがって、仕入先からの仕入代金(課税仕入れ)が計算基礎であれば、配当金の課税区分は、「課税仕入れの返還」となりますし、保険料(非課税仕入れ)が計算基礎であれば、配当金の課税区分は、「非課税仕入れの返還」となります。

科目については、「雑収入」を使用せず、その計算の基礎となった取引の科目「仕入高」や「保険料」を使用してもよいと思います。

仕訳がわかった!

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

私たちは全力でお客様のお力になります。いつも他の事務所にない暖かい雰囲気でお迎えいたします。

会社を設立したい、節税方法を知りたい、融資のアドバイスがほしい、相続税が心配、 事業計画書を作りたい、特急で申告書をつくってほしい、このような相談に対応します

TEL:0120-964-833

平日9:00 ~ 18:00

平日の早朝、夜10 時まで、休日も対応いたします。(要事前予約)

FAX:052-621-6669

メールでのお問合わせ

よねづ税理士事務所へのアクセス

〒458-0824
愛知県名古屋市緑区鳴海町字有松裏200
ウィンハート有松3階B
(有松駅すぐ。イオン有松西隣り、大垣共立銀行さん上)

access.JPG
事務所へのアクセス
日本の会計人 suisen.jpg
logo_big01.gif