《コラム》大会社の子会社は大会社

2010/08/17 掲載 《コラム》大会社の子会社は大会社(シリーズ グループ法人税制 ) 資本金1億円以下の会社に認められている法人税法の優遇措置のうち、以下の特例が、資本金5億円以上の法人の完全支配関係のグループ法人には認められなくなりました。 (1)中小企業の軽減税率 所得800万円までは基本法人税率30%が18%に軽減されております。 (2)特定同族会社の留保金課税の不適用 特定同族会社(1株主グループが50%以上株を所有している同族会社)には、会社内部に留保した利益に対して特別な税金(留保金課税)が課せられていますが、資本金1億円以下の特定同族会社には適用がありません。 (3)貸倒引当金の法定繰入率による繰入 製造業は8/1000とか、小売・卸売りは10/1000とかの簡便な法定繰入率をつかえます。 (4)交際費等の損金不算入制度における定額控除 年間600万円までは、交際費等のうち90%を経費として認められております。 (5)欠損金の繰り戻しによる還付制度 前期黒字で今期赤字の場合は、前期の税金の還付が受けられます。 要は、資本金1億円以下の法人でも、資本金5億円以上の法人の完全支配関係にある法人は、税務的には資本金1億円超の法人と同じとみなして課税することとなりました。 この改正は平成22年4月1日以後開始する事業年度からの適用となります。